振袖の相場〜購入にかかる費用は全部でいくら?

振袖の購入と聞くと数十万円する高い買い物というイメージがありますよね。
最近はネットショップを探すと5万円前後で買える振袖や中古の振袖など、高いお金を払わなくても振袖を購入することができるようになってきています。
数十万円する振袖をご両親が奮発するケースもあるようですが、多くの女性はレンタルで済ませてしまうことが多いようです。

でも、「できることなら一着は振袖を持っていたい」という方のために、購入の相場や買う時の注意点をまとめてみました。

振袖を購入する際の相場

きもののやまなかによると、振袖を新品で購入する方の平均購入額は約40万円だそうです。やっぱり結構な金額になりますね。
これは平均購入額なので、80万円近い振袖を買われる方もいれば、20万円前後の振袖を買われている方もいるみたいです。

他のネットショップ(たとえばきものネット商会)を見てみると、安いものでは6万円で購入することのできる振袖もあります。

振袖の相場ごとの特徴

安い振袖と高い振袖って、結局何が違うの?と思いますよね?
そこで、振袖の価格帯ごとの特徴をまとめてみました。
10万円以下の低価格振袖

  • 柄や色の選択肢は少ない。
  • 素材は化学繊維などの安価なもの。
  • 帯などの付属品は付いていない。

10〜20万円のリーズナブルな振袖

  • 素材は絹が使用されている。
  • 柄の重厚感があまり無い。
  • 帯や帯留め、長襦袢もセットになっている。

20万円〜50万円のスタンダード振袖

  • 柄に重厚感があり、高級感がある。
  • 着付けやヘアメイク、前撮りなどのサービスがある。
  • 訪問着へのリメイク特典が付いている。
  • 和装小物がフルセットで付いてくる。

50万円超の高級振袖

  • 伝統工芸や人間国宝のような作品。

30万円前後のスタンダードな振袖は安い振袖よりも柄に重厚感があり、着姿に本当に差が出てきます。
高い買い物になりますが、訪問着へのリメイクなどで長い期間着ていくことができます。
また、ママ振袖として娘へ継がせることもできるので、良いものを買っておくとトータルでは安上がりになることもあります。

振袖の購入時に気をつけたいこと

振袖を購入する前に、いくつか知っておいて欲しいことがあります。
これを知らずに買ってしまうと、後々後悔するようなことになりかねません・・・。
安い振袖は小物が無い
先ほどの相場ごとの特徴の中にチラっと書いてあるのですが、まず安い振袖は和装小物が付いていないので、足りない物を買っていくとスタンダード振袖とあまり変わらない金額になってしまうことがあります。
欲しい振袖のイメージを固めつつ下見をする
振袖の下見をする際に、本人よりも母親が舞い上がってしまって自分の好きな色・柄を優先させてしまうこともあるようです。
カタログや雑誌等を持って行き、こんな風にと呉服屋さんに相談するのもアリです。
最近は古典風や花魁風など色々な振袖が流行っていますので、まず自分の欲しい振袖のイメージを固めておくことが大切です。
購入するかレンタルするか
振袖のレンタルと購入、どっちがお得?にも書いたように、購入にもレンタルにもそれぞれメリット・デメリットがあります。自分が何にお金をかけるのかをしっかりと考えて結論を出すようにしてください。
(購入が悪いと言っているのではありません^^;購入には購入の良さがあります)

あわせて読みたい