成人式にオススメの振袖トレンドは?

20歳の門出を祝う成人式には、振袖を着ていく女性が多いです。振袖は未婚の女性が着る正装なので、成人式という目出度い場にはもってこいの衣装です。

振袖には多様な色や柄がありますが、成人式にはどのような柄の振袖を着ていくがベストなのでしょうか?

結論は好きな色・柄を選ぶのが一番!

結論を言ってしまうと、自分の好みの色や柄の振袖を選ぶのが一番満足できます
振袖は正装という位置付けではありますが、最近の成人式においては自分を綺麗に見せる、目立たせるための衣装として扱われている感があります。
実際に会場に行くと、皆思い思いの振袖を着ています。貴女がどんな振袖を選んだとしても、会場の中では浮いたりすることもありませんので、好きなものを選ぶと良いです。

では、最近の振袖トレンドにはどのようなものがあるのでしょうか?

赤い振袖スタイル

赤い振袖は成人式で最もよく見かけます。赤い振袖を着ると、若さと女性らしさに満ちた雰囲気となるので人気が高いです。また、赤は厄除けの意味もあります。

黒い振袖スタイル

黒い振袖も最近人気の出ているスタイルです。黒は高級感があるので、金銀の刺繍が合わさることでより一層煌びやかな雰囲気となります。大人っぽく、かつ豪華な印象を与えたい女性にオススメです。

ピンクの振袖スタイル

女性に人気のピンクも人気のスタイルです。ピンクは女性らしさを存分に表現できる色ですし、赤よりも可愛さや愛らしさがあります。可愛らしさが出る反面、幼く見えてしまうので童顔の女性は注意が必要です。

その他の色の振袖スタイル

青や緑の振袖も最近見かけるようになってきましたが、赤や黒に比べると少数派です。
少数派のため逆に印象に残りやすいスタイルではありますが、着る人の個性に合った色を選ばないとチグハグな印象となってしまう可能性もあります。

花魁風の振袖スタイル

近年話題に上ることも多いのが、花魁風の振袖スタイルです。
花魁風のスタイルは、肩を露出して帯を前で留めて着崩すよう着こなします。普通の振袖に比べるととてもセクシーでカッコよくもあるのですが、一歩間違うと下品なだけになってしまうので、着る人のセンスが問われる着こなし方です。

まとめ

「成人式はコスプレパーティーだ」という意見もあるように、最近の女性たちは好みの振袖を思い思いに着こなして参加しています。
それが悪いというわけではないので、後悔しないような選択をするのが一番です。ただ、数年後に写真を見返して「失敗した」と思うような選択をしないよう、一度冷静になって考えてみるのも大事ではないかと思います。

また、成人式以外の場でも着用の予定があるようなら、そのことも考えた色と柄を選択しておくと良いでしょう。

あわせて読みたい